2014年11月23日 (日)

命すら颯爽と投げ捨てる

昨日は和尚さんとタイマンでバトルをやりました^^ あの「颯爽と現れるシリーズ」で有名な和尚さんが、新たなる一ページを生み出したのでそれを紹介しておこうと思います^^

和尚さん視点の動画も用意しました^^

やっぱりバトルは楽しいですね^^ カンストは難しいですけど、これからもちょくちょくやっていこうと思います^^

2014年8月 2日 (土)

BR カンストへの道 011

Battle20140801

ここ最近更新が滞っていたのはとどのつまりレートが増えていないからなわけで、今回の部屋でも最終的にはプレイ前より減りはしましたが(5432)久々に長時間心の底から楽しめました^-^ 増えないならせめて楽しみたいですね。よく見るとフレンドじゃない人が2人しかいないw

» 続きを読む

2014年7月28日 (月)

BR カンストへの道 010

Battle20130727

明け方に入ったこの部屋は久々にレートを上げやすく、5247 まで稼げました。というか通信エラーが無ければもっと続けていたんですけど^-^ バトルは妙に通信エラーが起きやすい気がする。それと最近レートが高くなったせいか野良ってもぼっち部屋にしか入れない事が多くなりました^-^; ライバルリストから合流して「高レ部屋じゃん^^」とか思ったら VS だったという事案がしばしば発生。

Yossi

コース別雑感も最後となりました、N64 ヨッシーバレーです。ここは道が入り組んでいてなかなか面白いですね。こういうコースではきちんとマップで対戦相手の位置を把握しないと、良い形で相手に攻撃を仕掛ける事が難しい。ここでは唯一大砲がありますが、着地狩りを狙ってる人がいたら入らずに引き返しましょう。着地地点付近にある橋には段差があり、そこで待ち伏せて一方的に甲羅を投げてくる人もたまにいるので注意。一番よくあるパターンは小道の合流地点で待ち構えられる事で、マップで自分の進行方向の先を確認して敵が狙ってないかチェックしましょう。時には外周を走りながら素数を数えるのも良いと思います。

2014年7月25日 (金)

BR カンストへの道 009

Battle20140724

NOBUO, Alexony が顔を合わせるも VS ではなくバトルなのであった。これは今まで戦闘してきた中で恐らく一番きつい部屋だったように思います。どいつもこいつも殺意に満ち溢れてて序盤生き延びるだけでも相当つらい。緑3所有者はみんな連凸狙ってくるわ待ち伏せ上等だわ幽霊の粘着は激しいわで常時テンパッてました^-^; この平均レートだったのに下位安定してたため2時間くらいやってレートは 100 程度しか増えなかったのがこの部屋の恐ろしさを物語っている、または自分の弱さを物語っている。とりあえず BR 5000 突破しましたが、カンストできんのかこれ(;´Д`)

Sharbet

GC シャーベットランド。ここは個人的にかなり苦手であまりやりたくないコースです。構造的には他のコースとそれほど差は無いはずなのに何でだろう。とりあえず1箇所だけアイテムボックスが遠い開始位置があるのは何とかならなかったんだろうかw いきなり不利背負わされるのは勘弁していただきたい。
戦闘が発生しやすいのはトンネル入り口と内部、出た後にあるアイテムボックス周辺か。狭い道は狙いを付けやすく反射緑の恐怖もあり、よくトンネル入り口周辺で待つ戦法を採っているんですが、これがダメなのかもしれない。自分がそこにいるという事は自分も狙いを付けられやすくなってるわけで…。他の場所だと地上、水中と分かれて逃げやすいためかあまりドンパチが起きにくい印象。カイト台も一応ありますがほぼ誰も使っていないw

2014年7月24日 (木)

BR カンストへの道 008

Battle20140723

昨日は Erik がいた部屋で、今日はよく見かける日本人プレイヤー数名と少人数部屋、明け方に画像の部屋で戦闘。合計時間は3時間前後と健康的。やっぱ日本人でレート高い人はそれほど多くないので覚えちゃいますね、人数は少なかったけどあの部屋は面白かった。それと個人的に日本人最強じゃね?と思う方にダメ元でフレ申請を飛ばしたら承認されました^-^ 最終レートは 4905 でやはり増加量が鈍っております。あと少しで 5000 だ…。
関係ないですが Erik も BR カンストしたようですね。生で見たかった^-^

Harbor

キノピオハーバー。戦闘が起きやすいのはやはりホームストレートと中盤の細道でしょうか。細道はかなり狭いので相手プレイヤーが先にいるなら緑甲羅を放り込みまくるのも一興です。また SC 地点を利用してコンバット越前よろしく上から民度の低い奇襲を仕掛ける事も可能。コース序盤の屋根の上に登る際は設置バナナ、待ち伏せに注意しましょう(割とよく見かける)。ゴール前のダッシュ板がある地点では民度サイクロンを行う事ができますが、建物があって死角が多いので多くとも 3 周程度で抑えておいた方がいいでしょう。反重力地帯で引き篭ってる奴は全力で叩き潰せ^-^

2014年7月22日 (火)

BR カンストへの道 007

Battle20140721

今日は最初に複数のミンディアンを含む部屋で戦闘して、4600 割りそうになったので逃げました^-^ どうも内輪とは無駄に張り合ってしまって空回りしますね。その後適当に検索したら画像の Alexony 部屋引きましたが長持ちせず、プレイ時間も1時間程度と健康的でした。レートは 4681. 腕と比例してない感ある。

Mariocircuit

完全に糞。マリオサーキットです。何が糞ってマップを見ても他プレイヤーが表と裏のどっちにいるかほぼ分からない点です。対戦相手の位置の把握はバトルにおいて最重要なのにそれをさせない非常にいやらしく(物理的にも)ねじれたコースと言えます。見た目はメビウスの帯で面白いですが、結局の所オーバルを走っているのとそれほど変わらないためコースギミック的に面白みは無いです。道がねじれているので場所によっては先を見通しにくいのは注意したい所で、逆に言えばそこで待ち伏せをするのはマップが糞である事も手伝って多少有効かもしれません。

2014年7月21日 (月)

BR カンスト達成者現る

Kansuto

オランダの Leroy 氏が初の BR カンストを達成。VS の初もこの人だった気がするけど確認が出来ない^-^; 9920 くらいの時点で同じ部屋に乗り込んで達成を見守りながら戦闘してましたが、やはりここまでレート上げてる人は実際強いですね。ただ、この部屋は BR 1000 台も半数くらいいたので、いかにそういう人たちを序盤に狩りまくるかというゲームでもあったw ともあれおめでとうございます。自分も精進せねば…。

2014年7月20日 (日)

ニコニコ23時間テレビに NOBUO 出演

「マリオカート8 挑戦者が達人NOBUOに勝ったら視聴者に豪華プレゼント!」という企画に NOBUO さんが出演しましたね^-^ Rm, mbg 勢で観戦通話しつつ同じ部屋に入ろうと頑張ってましたが入れたのはケケさんとゆうじ。さんだけ^-^; 自分もこのために Mii を用意していたので一緒に走りたかったのですが残念です^-^; てか和尚が余計な事言わなきゃ入れてたんだけどなw まあ諸悪の根源は画面を映さない運営側だから仕方がない。ともかくお疲れさまでした。

Utiage

その後打ち上げと称して VS やりました。最高でも3位しか取れない糞きつい部屋だった^-^; バトルばっかやってるのもあってどんどん実力差が離れている感。だがバトルはやめん^-^
ドーナツへいやでゆうじ。さんが Liar さんに意味不明な2連轢きをされた動画はかなり笑えるw 二人の低民度が生み出した奇跡と言えよう。
※7さんによる別民度視点

BR カンストへの道 006

Battle20140719

今日はこの部屋で1時間半ほど戦闘。ブルーアイズの攻撃力よりレートが高い人が多く厳しかったです、特にほーむずくんという方は強いと感じました。ねじれのバーストストリーム放ってますね^-^ もっと続けたかったけど過疎ったのと NOBUO さんのニコ生を見るため強制終了。BR は 4416 まで上がりました。
余談ですが、BR 9200 くらいのオランダ人(確か Leroy だったかな?)を確認しました。BR カンスト初の人となるのでしょうか。

Highway

N64 キノピオハイウェイ。ここはかなり糞コースで、開始位置によってはアイテム箱を相手に先に取られてしまい危険な状況に陥ります。先に緑を取られ、近くに箱が無いために防御もできず一方的に狙われるというのは避けるべきなので、スタート時に逆走するのも有力です。ただし VS のスタート地点が開始位置だと、逆走しても最初の箱が一つだけなのに変わりないため 2 人以上が逆走すると先手を取られるケースもあります。いずれにしろ順走よりはマシだと思ってますがどうかな。
車が邪魔なのは VS 同様です。場合によっては壁になってくれるけど基本的には厄介。反重力地帯を使うのも手ですが、狭いので緑甲羅を放り込まれると結構怖い。

2014年7月19日 (土)

BR カンストへの道 005

Battle20140718

この部屋は比較的安定していたので割と長く遊べましたが、買ってあったジャンプを読みたくなったので1時間と少々で切り上げ。その後また少しプレイして BR 4187 で終了。ようやく 4000 台に乗りましたが、下手なので少々苦行じみてきております^-^; それにしてもたそがれのねじぎみと naj さんは強い。特に naj さんは対戦してきた全プレイヤーの中でもベスト3に入りますね。みんなねじれまくってる。やっぱねじれないとだめかー。

Hirano3

ドーナツへいや3です。バトルのコースの中では割と好評のようですね。かく言う自分も好きです^-^ 池があるので水中を逃げ回ったり水際で待ち伏せ、見えにくいバナナ設置など色々できるのが面白いところ。コース全体も広くないので展開が早いのもgdりにくくて良いと思います。壁で囲まれているので反射緑には注意。

«BR カンストへの道 004